desknet's スタンダード版 - FAQサイト
ホーム  > desknet's スタンダード版  > 技術的なご質問  > サーバ移行関連
キーワードで検索ができます。詳細検索 ]



役にたった: ブックマーク:


質問  No.127

回答要求度: 回答ください
サーバを移行する方法(手順・手続き)を教えてください。

質問日時:
2009/01/29 12:00

[管理ID] STD-T081





回答  No.2


回答種類:回答
知識レベル:専門家

【対象バージョン】 desknet's スタンダード版 全バージョン

-------------------------------------------------------------
※desknet's スタンダード版は、2016年をもって製品サポートを終了しました。
 正式キーの再発行も終了しており、継続してご利用いただく場合は、
 後継のdesknet's NEOへ乗り換えていただきます様お願いいたします。
-------------------------------------------------------------



(1)
サーバー機変更に伴うデータ移行を行う場合、旧サーバーと新サーバー上のdesknet'sのバージョン(リビジョン)を
揃えた状態でデータ移行を行う必要があります。

 ・旧サーバー:
 desknet'sを最新バージョン(リビジョン)にバージョンアップして下さい。
  アップデートモジュールダウンロード(サーバー)

 ・新サーバー:
 最新バージョン(リビジョン)のdesknet'sをインストールして下さい。
  新規インストールモジュールダウンロード

  ※ご利用のサーバーOS用の最新バージョンアップ・インストールモジュールが未提供の場合や、
   お客様のご都合により最新バージョンまでバージョンアップ・インストールが行えない場合は、
   別途お問合せフォームよりご相談ください。

(2)
ライセンスキーはサーバー機固有に発行している為、今回のサーバー機変更により、ライセンスキーの再発行を行
う必要があり、desknet'sをご購入して1年以内であれば無償、1年以降の場合はサポートサービス(有償)をご購
入することにより再発行を承っております。
新サーバーのdesknet'sにアクセスし、「お客様コード」をご確認の上、ライセンスキーの再発行の申請を行ってください。

ライセンスキーの再発行申請はこちらよりご申請ください。

 [ご注意]
 ライセンスキーの再発行はご申請後、当日(※)に発行させていただいております。

 ※ライセンスキー発行申請受付は営業時間内[10:00~17:00]となります。17:00を経過した場合
  は翌営業日の受付扱いとなりますのでご了承ください。
  (夜間・祝日での申請の場合は、翌営業日の発行となります)

 ※サポートサービスを未購入のお客様は、取り急ぎすぐにご利用いただけます「暫定ライセンスキー」
  を発行させていただき、サポートサービスご購入後正式な「ライセンスキー」の発行となります。



(3)
新サーバーにインストールしたのインストールディレクトリ「dnet」下の「data」「file」を削除します。

(4)
旧サーバーのインストールディレクトリ「dnet」下の「data」「file」を新サーバーのインストールディレクトリ下にコピーします。

 ※旧サーバーのdesknet'sを運用中にコピーいたしますとデータ等が破損する恐れがありますので、
  ユーザーがdesknet'sにアクセスしていない時間帯か、運用を停止してから行ってください。
  運用を完全に停止するにはWebサーバーのサービスを停止させてください。


  ※スケジューラー、文書管理自動取り込み等の常駐型プログラムが起動している場合、データが
   破損いたしましたり、データ移行後、旧サーバーでメールを受信される可能性がございますので、
   常駐型プログラムを停止させてください。 >>停止方法


  ※移行先の「data」「file」を削除せず、上書きコピーをしますと、ファイルが破損することがございます。

  ※移行後、必ず旧サーバーと新サーバーの「data」「file」のファイル数が同じであるかご確認ください。

  ※移行後、新サーバーの「data」「file」以下の構成ファイル/フォルダに対しアクセス権の再設定を行ってください。


 【旧サーバーと新サーバーが異なるOS(Windows系⇔Linux系)間である場合の注意点】

 1) アクセスURLが必ず異なりますので、事前にご利用者に周知をお願いいたします。
  [Windows系OSのアクセスURL例]
   http://(サーバー名)/scripts/dnet/dnet.exe?

  [Linux系OSのアクセスURL例]
   http://(サーバー名)/cgi-bin/dnet/dnet.cgi?

 2) 「data」ディレクトリのデータを
旧サーバーから新サーバーへ移行する際に文字コード変換していた
  だく必要があり、文字コードの変換はFTPツール等に含まれる文字コード変換機能をご利用ください。

  [旧サーバーがWindows系、新サーバーがLinux系である場合・・・]
   「data」ディレクトリ下の全ファイルに対し文字コードをShift-JISからEUCへ変換してください。

  [旧サーバーがLinux系、新サーバーがWindows系である場合・・・]
   「data」ディレクトリ下の全ファイルに対し文字コードをEUCからShift-JISへ変換してください。

  ※変換機能に改行コードの指定がある場合は、Linux系からWindows系への移行時には、
     LF → CR+LFに、Windows系からLinux系への移行では、CR+LF → LFを指定し変換を行って下さい。


  ※ウェブメールをご利用の場合、メールの文字コードによりましては、移行後メールの
   内容が文字化けする等正常に表示されない可能性がございます。
   その際は大変お手数ですが下記の18桁の数値のファイルをバイナリ形式(無変換)で
   個別に移行を行ってください。

    [対象ファイル]
    「…/dnet/data/user/(ユーザID(*1))/mail/(フォルダID(*2))」フォルダ以下の
     18桁の数値のファイル

    *1
    ユーザーID値はユーザー毎のシステムIDで、数値のディレクトリとなります。
    ユーザーのIDは、desknet's管理者設定よりユーザー情報のエクスポートを
    実施することで、出力されるCSVよりご確認頂くことが出来ます。
    *2
    フォルダID値はユーザー毎に表示されるメールフォルダのIDで、数値のディ
    レクトリとなります。
    1 ・・・ 受信ボックス、 2 ・・・ 送信ボックス、 3 ・・・ ごみ箱、 -1 ・・・ 下書き
    その他の数値のディレクトリ ・・・ ユーザー作成のフォルダ

  ※「file」ディレクトリに関しては、文字コードを変換する必要はありません。
   「file」ディレクトリの文字コード変換を実施されますと、各機能の登録添付ファイルが
   破損する恐れがございます。 


(5)
新サーバーに再発行されたライセンスキーを登録。

 ※ライセンスキーはデータ移行が完了後に登録してください。

(6)
必要に応じてアドオンソフト(携帯版・アラームサービス等)のインストール。


(7)
新サーバーのdesknet'sの動作確認後問題がなければ、旧サーバーのdesknet'sをアンインストール。





-------------------------
検索キーワード:
データ移行 サーバー移行 サーバー変更 サーバー交換 移行作業 



回答日時:
2009/04/07 17:23


参考になった: